捨松くらふと

カートを見る

捨松くらふととは

捨松くらふと誕生物語

捨松くらふと誕生物語

捨松の帯と私の出会い

捨松くらふと誕生物語

捨松の帯を見て、触れたとき

捨松くらふと誕生物語

感動した

捨松くらふと誕生物語

美しいデザインと手織りの素晴らしさを知った

捨松を訪れる

捨松くらふと誕生物語

捨松を学びに京都に向かった

捨松くらふと誕生物語

捨松七代目 木村社長と出会った

木村社長が語る捨松の矜持

捨松くらふと誕生物語

「帯屋捨松本社は、150年ほど前に建てられた京町家です。良い木を使って、細部にわたって丁寧な仕事がなされているので、家屋調査に来られた専門家が感心されるほどです」

「そこには、当時の職人(大工や左官)の矜持が見て取れます。表に見えないところも手を抜かない、自分がいなくなっても後世の職人に笑われたくない。そのような職人仕事が、これまでの日本の伝統を築き上げてきたといってよいでしょう」

捨松くらふと誕生物語

「西陣織も幾人もの職人仕事の集大成です。織ることはもちろん技術がいることですが、織る前の準備、すなわち、糸繰りや緯巻き、糸染、紋彫り、撚糸など大変根気のいる作業の連続です」

「どこかで手を抜けば、全体が崩れてしまいます。反面、手を抜こうと思えば簡単ですが、コストダウンのためだけにそれをしてしまうと、もう後戻りできません。一瞬は、売れるかもしれませんが、長い目で見れば、レベルが落ちていくので、見向きもされなくなってしまいます」

捨松くらふと誕生物語

「伝統とは、今ある技術を後生大事に守ることではなく常に新しい技術にチャレンジして、新しい商品を生み出すことによって繋がっていくものです」

「勤勉と挑戦こそ、帯屋捨松の矜持です」

捨松くらふと誕生

捨松くらふと誕生物語

良いものと伝統は、常に弛まぬチャレンジの中で、つくられていく

古いものを再現する、様式美の継承、そして新たなチャレンジ

捨松くらふと誕生物語

この感動をたくさんの人に伝えたいと思った

捨松くらふと誕生物語

帯屋捨松の手織り技術と、素敵なデザインと、勤勉と挑戦の伝統を、帯以外で活かしていこう!

これが、捨松くらふとのチャレンジ

捨松くらふと誕生物語

Brand JAPAN – ブランド ジャパン
捨松くらふと 誕生!!

捨松くらふと並びに捨松くらふとオンラインショッピングサイトは、株式会社TREEDOM(トゥリーダム)のプロデュースで運営されております。

手織りの良さ

手織りの良さ

手織り…

それはそれは
心にじんわり染み込んで

温かく 暖かく
ずっと見て、触ってみたい

糸を縒って
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を
一本ずつ通していく
古(いにしえ)から変わらない
その作業こそ芸術

手に取った人だけが分かる
人の心も紡いで結ぶ
不思議な瞬間

株式会社TREEDOM 辻正雄
http://masaoffice.com